読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミュージカルで英語を学べ!

ミュージカルは好きだけど英文法は苦手?だったら、ミュージカル音楽で学んじゃえ!例文は全てミュージカル曲から紹介☆英語嫌いを、いざ克服!

(1)【be動詞】be動詞って何?

今回は「be動詞とは何か」についての理解を深めましょう。be動詞とはam、are、isのことです。

(2)【be動詞】文章の構成は?

今回は「be動詞の使い方」について理解を深めましょう。be動詞を使った文章を作る場合、構成は主語+be動詞+補語となります。

(3)【一般動詞】一般動詞って何?

今回は「一般動詞とは何か」についての理解を深めましょう。一般動詞とは「食べる」「寝る」「歩く」など、動作を示す動詞のことを言います。

(4)【一般動詞】文章の構成は?

今回は「一般動詞の使い方」について理解を深めましょう。一般動詞を使った文章を作る場合、構成は主語+be動詞+目的語となります。

(5)【be動詞】否定文の作り方は?

今回は「be動詞の否定文の作り方」について理解を深めましょう。否定文を作る時は、be動詞にnotをつけます。

(6)【一般動詞】否定文の作り方は?

今回は「一般動詞の否定文の作り方」について理解を深めましょう。否定文を作る時は、一般動詞の前にdo not、does notをつけます。

(7)【be動詞】疑問文の作り方は?

今回は「be動詞の疑問文の作り方」について理解を深めましょう。疑問文を作る時は、まず先頭にbe動詞を置き、疑問文であることを明確にします。

(8)【一般動詞】疑問文の作り方は?

今回は「一般動詞の疑問文の作り方」について理解を深めましょう。疑問文を作る時は、まず先頭にDoかDoes動詞を置き、疑問文であることを明確にします。

(9)5W1Hを使った疑問分

今回は「5W1Hを使った疑問文の作り方」について理解を深めましょう。否定文を作る時は、まず先頭に5W1Hを置き、疑問文であることを明確にします。

(10)【be動詞】疑問文への返答の仕方は?

今回は「be動詞の疑問文への返答」について理解を深めましょう。be動詞の疑問文に返答するにはYes+主語+be動詞もしくは、No+主語+be動詞+notとなります。